【台湾特色スタバ①】米軍宿舎として使われていたアメリカンなスタバ@草山門市(陽明山の中腹)


陽明山が好きでいくつか記事を書いてきたのですが今回は陽明山中腹にあるスタバのリージョナルランドマークストア、

スターバックス 草山門市

へ行ってきました!

ランドマークストアとは、各地域の象徴となる場所で、その地域の歴史・文化・伝統を反映した店舗の総称。

台湾にもいくつかあって、そのうちの一つが陽明山の草山店。

一帯のエリアが「陽明山美軍宿舎群」として残っており、歴史観光&グルメが堪能できます◎

草山店の歴史背景

草山(そうざん)とは陽明山の日本統治時代の呼称。

その名残で陽明山には現在も「草山」と名のつく施設やレストランがあります。

スタバの草山店は、1950年代にアメリカ軍が駐留していた際の軍人とその扶養家族の住宅(当時の駐在員?)を改装したものだそうです。

米軍が駐留した背景は、国共内戦(蒋介石率いる国民党と毛沢東率いる共産党の内戦)と朝鮮戦争にあります。

1920年代から敵対関係にあった中国国民党(国民政府)と中国共産党は第二次世界大戦後、内戦が激化。

その後、腐敗・失策・軍事的敗北により勢力を失った国民政府は1949年に台湾へ拠点を移動。政権危機に陥いるも、朝鮮戦争(1950年)勃発により状況が変わります。

共産党(このときすでに中華人民共和国)が朝鮮戦争へ兵力を割いたため(並行してチベット侵攻・インドシナ戦争介入も)国民政府への攻撃を一時ストップ。

またアメリカは共産党勢力のアジア拡大を防ぐため、一時支援を止めていた国民政府への軍事的援助を再開。ここで米軍を台湾に駐留させ、宿舎が作られたわけなのです。

この辺りの歴史、各国の思惑が交差して身勝手さがよく感じられます。興味のある方は是非▽
参照:

アクセス


陽明山の中腹辺りにあります。

台北中心部からの行き方はバスで、中山駅からなら260番1717番。所要時間は約45分。

士林駅辺りからなら111番303番R5S15などで行けます。

停車駅は「山仔后派出所」。陽明山國小、陽明山國中を過ぎ、カルフールの前辺りのバス停です▽

その後、目の前の信号を渡り、
小道へ入っていくと、

分かれ道があります。
分かれ道には「OLD TOWN」と書かれた看板が立っていて、このオールドタウンが「陽明山美軍宿舎群」のこと。

分かれ道はどちらに行っても辿り着けます。私たちは左から行きました。

途中隠れ家風なギャラリーやレストランがあって、▽

平屋でお庭が広く、コテージのような家々が立ち並んでいて、狭いエリアなんだけどここだけ別世界。

一帯は全て飲食系のお店で、隣のピザ屋さんやクラフトビールとシーフードのお店も美味しそうだった(値段はお高め)。

ここの通り、車やバイクが意外と多く、かなりスピードをとばしてくるので気をつけてください(高級車ほど運転マナーがよくない)。

スタバ草山店はこんな感じ

ログハウスのような一軒家。南アメリカの家をイメージして造られたそうです。

ゲートから入り口までのこの長さ!アジアにはなかなかないですよね。

テラスと庭もかなり広かったです。

隣のピザ屋さんからはThe Beach Boysの曲やStand by Meなどが流れていて、本当にアメリカンな雰囲気。

店内は当時の宿舎をイメージして、客廳(リビング)、餐廳(ダイニング)、家庭聚會(家族団らんの場)、陽光空間(日当たりのよい場所?)と分けて配置されているそうです。

ピンとこなかったけど笑、言われてみれば確かに?

隣の青いおうちはジェラート屋さん。

中心部には当時のままの?壁が残されています。この壁、外から見ると木が巻き付いて一体化しています。大きい窓ガラスのおかげで眺めながらコーヒーが飲める。

2021年の混み具合は?

コロナ前はレジ前に長蛇の列ができるほど混んでいたそうですが、現在はそこまで。ただ時間帯によっては座れないかも。

一度目の訪問は日曜の朝8:30頃。チャリダーが増えてきて朝9時には満席でした。

9時〜10時がピークで11時頃は逆に空いていました。

2度目の訪問は平日のお昼時で、満席ではないものの平日でもそれなりにいました。近くに大学が2つあるので学生さんが多かったです。

草山店限定のマグカップもあるよ。

先日行ったら、お庭にはクリスマスの飾り付けがされていました。夜はキレイだろうなぁ。

昼間なら晴れの日がオススメです。スタバ利用後も庭の池を見たりして子供たちも楽しんでました。
魚を観察する子供たち。笑

プチトリップに是非!

店舗情報

名前:STARBUCKS 星巴克  草山門市
住所:台北市士林區國泰街5號
時間:8:00-20:00
HP:STARBUCKS 星巴克 > 草山門市


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :