⇣ 新着記事 ⇣

【自由すぎ】皇池温泉御膳館・1館に行ってみた@行義路温泉(北投區)


肌寒くなってきたので久々に行義路温泉(紗帽山温泉)に行ってきました。

今回行ったのは皇池溫泉御膳館・1館

前回行った川湯同様、なかなか刺激的な温泉体験だったので感想を書いてみました!

皇池温泉御膳館とは


台北市近郊・北投區にある温泉街、行義路温泉(紗帽山温泉)の温泉施設。

行義路温泉は北投温泉よりグッとローカル色が強く、山の中の村に温泉街があるようなイメージ。

名前に「御膳」とある通り、施設内にレストランがあり、温泉と食事のセット料金がウリ。温泉のみの利用ももちろんできます。

泉質は青硫黄泉と白硫黄泉の2種類。

青硫黄泉は世界でも日本の秋田県・玉川地区と台湾の北投区でのみ産出されている、ラジウムを含む湯治湯として希少なお湯。

北投温泉のホテルでは白硫黄泉の場合が多いため、青硫黄泉に入れる場所は意外と限られています。

皇池には1〜3館まであって、建物自体が分かれています。それぞれ、
◯ 1館:大浴場・個室風呂(裸)
◯ 2館:男女混浴温泉プール(水着)
◯ 3館:大浴場(裸)

雰囲気はこんな感じ▽

1館(男湯)▽

2館▽

3館▽
(それぞれFBページより画像をお借りしました)

1館と3館は共に裸で入れる温泉ですが、1館の方が趣きのある内装かな?(古いともいう)また、1館は24時間営業で、3館は7時〜25時まで。

アクセス


陽明山のふもとにある行義路温泉は、立地抜群な北投温泉と違って電車1本では行けません。

中心街からの行き方はMRT中山駅を起点とすると、
〇 MRTレッドライン(信義淡水線)石牌駅→バス508番他に乗り換え(約40分)
〇 タクシー(約25分)
など。

バスの場合、最寄りのバス停は「行義路三」です。

なお夜にタクシーで行く場合、帰りは拾いにくいので、タクシー配車アプリ「55688(台灣大車隊)」で呼ぶのが◎

今回は朝1バイクで行ってきました。
バス停から歩く場合、この看板の下にある階段から下っていけます。

車やタクシーの場合は、先ほどの看板から道なりに進み、一帯の共用駐車場へ。
写真突き当りを右折すると駐車場です。

この突き当りの山から煙がもくもく。硫黄の匂いもめちゃくちゃします!

駐車場からは細めの一本道を進んだ奥に皇池1館があります。

結構立派な建物。

お店前にあった青硫黄泉の手湯(?)。ラジウムって「鐳」と書くのですねー!

入り口。

料金・持ちものと注意事項

料金

入ってすぐの受付にて支払います。
料金は、
◯ 大浴場:250元/人
◯ 個室風呂:500元(平日30分/休日40分の時間制限あり)

レストランを利用する場合は、400元払えば入浴料が無料になります(レストランで400元以上の注文必須)。

レストランは外で注文して中の食堂で食べる感じ▽

お粥が有名(時間がかかるので入浴前に注文するのが◎)なのと、点心があるのがウリなようです。
FBより画像をお借りしました)

ただ一品単価は高めなので、入浴料が無料になるからと利用するなら、かえって高くつく気がする。

今回は入浴だけしました!

持ちもの

持ちものは、
◯ タオル
◯ 20元(ロッカー代)
◯ 飲みもの
◯ 洗面具(必要なら)

タオルは売っていますが、高いので(小100元・大200元)持っていけばいいと思います。

20元はロッカー代。鍵をかけず使っている人多数ですが。お金は戻ってこないタイプなので出し忘れに注意。

飲み水は浴室内の荷物置き場に置いておくことができ、飲むことができます。

洗面具は必要なら。備え付けのボディーソープとシャンプーは一応あります。

注意事項

◯ もらったシャワーキャップは必ずつけること(女湯のみ)
◯ タオルは浴場内へ持ち込むこと

シャワーキャップは日本のようにつけたい人がつけるわけではなく、必須です。必ず着用します。

タオルを浴場内へ持ち込むのは、出るときに脱衣所を濡らさないため。女子はバスタオル(イスで休むときに体にまいたりもしてる)、男子は夫に聞いたらハンドタオルだそうな。

温泉の雰囲気はこんな感じ

月曜10:30頃に訪問。支払いを終えてチケットをもらいます。

女湯は受付のすぐ後ろ▽
ここでチケットを渡し、シャワーキャップを受け取り中へ入ります。

男湯はお食事処の奥▽

のれんをくぐるとすぐ脱衣所で、ロッカーと洗面台。

脱衣所から浴室に入ると(ドアはない)すぐ左手にマッサージ部屋、荷物を置く場所あり。みんな普通に大きめのカバンをぶら下げてます。

女湯は、青硫黄42℃、白硫黄43℃、水風呂大(ジェットバス付き)、水風呂小、打たせ湯、サウナ(コロナでやってなかった)でした。

男湯は上記+青硫黄と白硫黄のミックス湯があるらしい。

入った感想

平日&半端な時間だったし空いているかなぁと思ったら40〜50人くらいいて混んでてビックリ。なんでも10時前に入ると入場料が半額らしい。

相変わらず持ち込み荷物が皆さんとても多く、ペットボトルや水筒はもちろん、小吃を持ち込むおばあちゃんたち。サツマイモや肉包らしきを食べていた。

そして皆さんスーパー自由で、へりで寝そべる人、さらに足を柱にかけて寝そべる人、お湯が熱いので皆さんへりに座ってお喋り。体操座りをするもんだから見たくなくても見えちゃうのよ、、

年配の方々、いったい何時間いらっしゃるのかしら?笑

今回行ったのは11/3の防疫規制緩和以前だったので、全行程マスク必須(!)。お湯に入るときも要マスク着用だったのですが。

打たせ湯に入ってるおばちゃんが、マスクが濡れないようにビニール袋を頭から被って入っていて、もう拷問にしか見えないすごい光景でした。笑 

また、更衣室でマスクをつけていない人たちをマッサージ部屋のおばちゃんが大声で注意していました。厳しい、、

お湯は青硫黄も白硫黄も熱く、その他は冷水で長くは入れませんが、体がピリピリじわじわ熱くなり気持ちよかったです。

ちなみに、勝手に「こういけ」と呼んでいたけど、
「こうち」だった。

以前行ったのはこちら▽

施設情報

名前:皇池温泉御膳館・1館
住所:台北市北投區紗帽路42-1號
   508番バスで「行義路三」から徒歩約8分
時間:銭湯 24時間営業
   食事 12:00-翌03:00
HP:http://www.emperorspa.com.tw
FB:https://www.facebook.com/Emperor.spa.restaurant


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :