【2021】マンゴーかき氷の有名店「冰讚」でふわふわミルクかき氷@雙連


ふわふわマンゴーかき氷の有名店、
冰讚(bīng zàn)
へ行ってきました。

まだコロナなどなかった頃は、日本からの旅行者でいつも行列ができていたお店だよと昨年教えてもらい、今年は食べたいなと思っていた冰讚。

コロナ禍でなかなか行けず、先日ようやく行けました(^^)

かき氷のボリュームとマンゴーの量に驚いた!

アクセス


MRT雙連駅から徒歩3分弱。

大通り(民生西路)を西に進み、モスバーガーを通り過ぎて一つ目の角で右に曲がります。

路地に入ってすぐ青い看板が見えます。
昔ながらな感じが全面に出た店構えが良きかな。

店内はこんな感じ

コロナ対策用のQRコード読み取り&検温後、店先で注文・支払いを終えてから入店する感じでした。

このお店、4月中旬〜10月末までしか営業していないことでも有名。マンゴーが収穫できる期間のみ営業している情熱的なお店です(マンゴーの出来によって開始・終了時期が多少前後するそう)。

通常の営業時間は「11:00-22:30」までですが、2021年8月17日時点の営業時間は「12:00-20:00」になっていました。

またコロナ対策として1人1テーブル、時間は20分までの制限あり。防疫レベルによってまた変わると思いますが現時点ではこんな感じ。

今回は火曜日の12:30頃伺いました。店内にお客さんは一人。あとは外帶のお客さんが一人。かき氷を外帶、、ご近所さんかな?

子供2人一緒でしたが、1人1テーブルについては特に何も言われず一緒に座れました。

メニュー表と注文したもの

日本人がこぞって食べるマンゴーかき氷は、
芒果雪花冰(160元)

ふわふわのミルク氷にマンゴー、マンゴーソース、練乳がかかったかき氷。

他にもメニューがたくさんありました。もっとシンプルメニューなのかなと思っていたので、種類が多くて驚き!

トッピングも豊富だった▽

るるぶ台湾のかき氷特集▽
 Amazon(アマゾン)
 金額 1,155円(2021年8月27日時点)



には、
◯ 芒果雪花冰
◯ 雙拼水果雪花冰(マンゴー・スイカ2種乗せ)
が載っていました。

今回は、定番の「芒果雪花冰」と、長男リクエストの「草莓牛奶汁」を頼んでみました(^^)

食べた感想

芒果雪花冰▽
160元(≒640円/1元≒4円で計算)

意外とするなぁと思っていたら、どんぶりサイズの大きなお椀にマンゴーがたっぷり入って出てきた!

熟したマンゴーが美味しい♡マンゴーソースは多すぎずマンゴーの味がしっかり味わえました。

雪どけ食感のふわふわかき氷は、ミルクと練乳の味が半分ずつくらいして、ペコちゃんのミルキーみたいな懐かしい味わいでした。今度は練乳なしで頼んでみたいかも(^^)


草莓牛奶汁▽
70元(≒280円/1元≒4円で計算)

いちご牛乳と書いてあったので普通のジュースがくるのかと思ったら、ストロベリースムージーでした。これまたビッグサイズ。

もったりしていて酸味もしっかり。ヨーグルトも入ってるかな?季節外れのイチゴだからどうかなぁと思いつつ注文しましたが、すごく美味しかった!

私と子供2人で分けっこしたけど、もうおなかパンパン(笑)汗もすっかりひきました。

台湾の方のブログをいくつか読んだのですが、どのブログも「マンゴーかき氷が日本人に大人気」「店内は半分以上日本人」と書かれていました。

地元の方には自家製あずきをはじめとするトッピング系が人気な様子。

次は手作りプリンの乗ったかき氷が気になってます、、!

帰りに台湾カステラ店に寄り道

冰讃のすぐ近くに台湾カステラのお店があります。

場所はここ▽


長男にせがまれ買っていくことに。
とはいえ、もうおなかは満たされていたので、
原味(オリジナル)と巧克力(チョコレート)の小サイズ(各45元)を一つずつ購入。

チョコレートは初めて食べたけど、原味より甘さ控えめで美味しかった◎

*

帰りがけの雙連市場。
舗装工事で屋台撤去と聞いたときは悲しみの声がたくさんありましたが、結局屋台はなくならず、公園側もキレイになって歩きやすい◎

スロープも増え、ベビーカーでも楽々移動できるので雙連に来る頻度が増えた(^^)

お店情報

名前:冰讚(bīng zàn)
住所:台北市大同區雙連街2號
時間:11:00-22:30(2021年8月現在は12:00-20:00まで)
休み:月曜日


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :