【後編・復路】国際タクシー&VIPバスでシンガポールから陸路でマラッカ旅行


【「前編・往路」国際タクシー&VIPバスでシンガポールから陸路でマラッカ旅行】の続きです。

「後編」のこの記事ではマラッカからシンガポールへの帰路についてまとめてみました(^^)

マラッカのバスターミナル【Melaka Sentral(マラッカセントラル)】でJB行きのバスチケットを買う

マラッカの街を楽しみ、帰路へ着くため再びマラッカセントラルへ。

場所はここ↓

チケット乗り場&売り場はDomestic(マラッカ市内バス)Interstate(各州間の長距離バス)で分かれているので、Interstateの方へ向かいます(徒歩5分もない距離です)。

はじめにDomesticの方へ向かってしまったのですが、いわゆる市内バスがたくさん停まっていました。

帰りもオンラインチケットサイトで時間や空き状況を確認しつつ、バスのチケットを購入。
帰りは機械で。

復路は「KKKL」という行きとは違う会社にしました。同じく1人21リンギ≒7ドル≒560円。

そして行きと同じようにQRコードをかざしてゲートを通り、Departure Lobby(待合室)へ。

中では空港の案内板のように出発するバスが表示されていました。

平日のお昼だったからか人はそんなに多くなく、行きのラーキンセントラルよりも分かりやすかったです。

VIPバスでマラッカ→ジョホールバルへ

帰りは定時に出発(火曜・13時)。

席は行きよりも全然キレイだった!
席と席の間にはコンセントもあり。

乗車率は5割ほどだったのでのびのび過ごせました。

行きは壊れていた足元のリクライニングも問題なく使えてかなりリラックス。

ただ新しいからか?帰りは飲食禁止でした。熱々のテー(マレー式紅茶)を乗る前に買った夫は頑張って飲み干してから乗車(笑)バス会社によって違うのか?

マラッカからの帰りのトイレ休憩も行きと同じくらいの場所だったので、出発から1時間後に一度ありました。

エアコンは帰りは全然強くなく、半袖のままで問題なしでした。ただ寒いバスに当たるとキツイのでやっぱり防寒具は必須です。

3時間のバス移動でしたが、行きは乗車時間の半分、帰りはまるっと3時間息子が寝てくれたので本当に楽でした。バスの揺れって心地いいもんな。

そして定刻の16時にラーキンセントラルへ到着。ここから、国際タクシーに乗り換えてシンガポールへ帰ります!

国際タクシー乗り場@マレーシア/ジョホールバル

ジョホールバルのバスターミナル、ラーキンセントラル(Larkin Sentral)。さ

場所はここ↓

建物の中はこんな感じ。

ジョホールバルからシンガポールへ向かうタクシー乗り場はというと、行きに降りた場所のすぐ近く。建物側から見るとここ↓

「JB - Singapura」の看板あり。
ここへ座っていればタクシーが来るのですが、まずここへ来るまでに客引きにたくさん声をかけられました。そして待っている間もあやしそうなおじさんたちが話しかけてくる。どの人が運転手さんか分からない(笑)みんな口を揃えて55ドルで家まで行くよーと。

この人たちはたぶんシンガポール側のタクシードライバー。
四角の中のタクシーが、シンガポールで走っているコンフォートタクシーで、客引きしながら待機していました。

シンガポールから来ているタクシーはシンガポール内ならどこでも降ろすことができ、マレーシア側のタクシーはブギスのタクシー乗り場でしか降ろせないことになっているよう。

逆に行きのブギス→ジョホールバル間も、シンガポール側のタクシーはラーキンセントラルまでしか行けず、レゴランドなど別の場所で降りたい場合はマレーシア側のタクシーに乗らないと行けないらしい。

ブギスまでは今日現在100リンギ≒約33ドルと、行きより全然安い。(ブギスの乗り場と違い料金表などはなかったため言い値ではあるけれど、過去ブログなどを読む限り相場だと思う)

55ドルでシンガポールへ戻りたい運ちゃんたちは「日本人はみんな55ドルで家まで乗っていくぞ」とブツブツ言ってきましたが笑、こっちは帰りのタクシー代も考えて追加で両替したので、リンギを使い切りたくてお断り。

タクシーを待つこと約10分、ちょうどブギスから来たコンフォートタクシーが100リンギでトンボ帰りしてくれるというのでそれに乗りました。

マレーシア→シンガポールをタクシーで国境越え

ラーキンセントラルを17:15頃出発。行き同様初めにパスポートとIDカードも預けました。

今日はもう3往復もしてるとのこと!お疲れ様だ、、。

ドライバーさんから「55ドルで家までも行けるけどどうする?」とまた聞かれたけれど笑、ブギスで大丈夫というと特にしつこく言われることもありませんでした。

ショートカットをしてくれて17:40にはマレーシア出国、18時シンガポール入国。入国時はトランクを開けて荷物確認がありますが、ただトランクを見るだけでした。ランダムで荷物検査があるのかな。

18:40にはブギスの乗り場へ帰ってこれ、帰りは約1時間半でした。

タクシーでの国境越えは想像以上に快適だった。子供もギリギリ飽きない時間で行けてよかった◎

以上、「【後編・復路】国際タクシー&VIPバスでシンガポールから陸路でマラッカ旅行」でした!ここからマラッカ旅行の記事がしばらく続きます(^^)


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :