【保存版】陽明山で桜を見よう!


沖縄より南に位置する台湾は、桜が咲くのが早く、1月末〜3月頃に見られます。

私が行った限りの公園では1〜2本は桜の木があり花を咲かせていて、台湾(台北)での桜の身近さに驚きました。

2020年は中正紀念堂へ見に行ったのですが、時期が3月中旬と明らかに出遅れ、ほぼ新緑。笑

連なって咲く姿が見たい!と今年は桜の名所といわれる陽明山にリベンジに行きました!

見に行った時期、行き方、実際の写真などまとめてみました(^^)

台湾の桜は日本と同じ?種類と色について

台湾の桜は、梅のような濃いピンク色がほとんど。

ソメイヨシノも植樹されていて見ることができますが、圧倒的に少ないです。

感覚的には、濃いピンク色の桜が7割、桃色が2割、うすピンク色が1割。

台湾で見ることができる代表的な桜は、
◯ 山櫻花(ヤマザクラ・緋寒桜/濃いピンク)
◯ 八重櫻(ヤエザクラ/花びらが10枚以上)
◯ 吉野櫻(ソメイヨシノ/薄いピンク)
◯ 河津櫻(カワヅザクラ/桃色)
◯ 昭和櫻(ショウワザクラ/桃色)
など。

参照:
◯ 台湾で1月下旬から桜のシーズンがスタート - TAIWAN TODAY
◯ 緋寒櫻、八重櫻、吉野櫻……你知道台灣有多少種櫻花嗎?- THE STORM MEDIA

ソメイヨシノは吉野桜と言うのですね!調べたら日本でも江戸時代後期以前までは吉野桜と呼ばれていたそうです(^^)

この代表的な桜のうち、台湾で一番よく見られるのが「山櫻花(ヤマザクラ、日本の山桜とはまた別)」。

こちらなんと台湾原生種

別名「緋寒桜(ヒカンザクラ)」、英名では「Taiwan Cherry」というそうです。

陽明山では、この緋寒桜、昭和桜、八重桜、ソメイヨシノなどが見られます。


緋寒桜以外にも台湾固有種はあって、
◯ 霧社櫻(ムシャザクラ/白っぽいピンク)
◯ 紅粉佳人(台中の武陵農場でのみ見られる昭和桜と中國櫻桃の交配種/桃色)
などがそう。

参照:
◯ 觀霧「霧社櫻王」已綻放6成!未來2週是最佳賞櫻期 - Newtalk新聞

他にも色んな種類があって、意外と多くて驚きました。日本の桜も約600種類あるんですって!そりゃ台湾も何種類もあって然りですね。

陽明山の桜の見頃はいつ?

台湾の桜の種類もよく知らず、1月末〜3月頃って期間広すぎない!?いつ見に行ったらいいのよー!と思ってた私。

フラワーフェスティバルも長い▽
陽明山花季FBよりお借りしました)

でも、桜の種類によって咲く時期が異なるから長いことをようやく理解しました。

当然毎年気温によって前後すると思いますが、目安はこんな感じ▽

◯ 緋寒桜:1月下旬〜2月上旬
◯ 八重桜:2月上旬〜2月中旬
◯ 昭和桜:2月中旬〜2月下旬
◯ ソメイヨシノ:3月上旬〜3月中旬


陽明山公式サイトやFacebookを見ると
2021年に満開になったのは、
◯ 緋寒桜:2月7日頃
◯ 八重桜:2月12日頃
◯ 昭和桜:2月23日頃(陽明公園噴水池辺り)
◯ ソメイヨシノ:3月5日頃(陽明山中山樓門口辺り)
でした。

参照:
◯ 2021陽明山花季官方網站

我が家が訪れたのは2月6日。ちょうど緋寒桜が満開の頃合いだったわけですが、木を選んで写真を撮る感じでした。

その時は「見頃はもう少し後だったかなぁ」と思ったけど、桜の種類によって咲く時期が微妙に違うからだと知れて納得。

日本のように一面桜!という景色は難しいものの、長く楽しめるのは嬉しいですね(^^)

ちなみに「満開」のことを台湾では「大爆發」というようです。桜に似合わなくておもしろい。笑

アクセス


今回は「陽明山花鐘」の辺りを最終目的地にしました。

「260番」バスで中山駅近辺〜終点・陽明山總站で降り、そこから歩いて陽明山花鐘まで行きました。

陽明山總站までの所要時間は約40分。

そこから陽明山花鐘までは約1.6kmで、ゆっくり歩いて30分くらい。

260番バスは「260」と「260區」の2パターンあり、260區に乗れば、今回の最終目的地すぐ近くの「第一停車場(花鐘)」を経由してくれるので直接行ってしまいたい場合は260區が便利◎

市内〜陽明山總站まで

陽明山に入る少し手前の辺りですでにしっかり咲いていてテンションが上がる。


山の坂道に小中学校や警察署、Wellcomeなどがあって、
車窓からの景色も楽しいです(車で陽明山へ行く場合、週末は自家用車の通行が制限されるようです)。

ここが陽明山總站▽

陽明山花鐘を通る「260區」は普段は2時間に1本ですが、桜の時期は本数が増えるようで、何本も走っているのを見かけました。

260區でちゃちゃっともよし、気持ちのよい季節なのでゆっくり歩くのもよし◎

ちなみに、第一停車場にはその他の地域へ行ける臨時のバス停ができていました。

仮設トイレまで▽
それなりに混んでいましたが、聞いたほどではなかったかなという印象。きっとコロナ前はすごかったのでしょうね。悲

陽明山總站〜陽明山花鐘まで

終点・陽明山總站〜陽明山花鐘まではこんな感じで歩きました▽
道はほぼ1本なのであまり迷わないかな?と思います。

陽明山總站から少し歩いたところに小さめのソメイヨシノ、道中にもちょこちょこ緋寒桜が咲いています。

陽明山花鐘の手前にある噴水池では、噴水を囲むように桃色に咲く昭和桜が見られます。

2021年2月6日の桜はこんな感じでした。

まずは、中山總站から5〜10分ほど歩いたところのソメイヨシノ▽
全く咲いてない。笑

ソメイヨシノは3月上旬からなので仕方なし。

道中の緋寒桜▽

木によって咲き具合はまちまちだったけど、満開のものもあってキレイでした!

陽明山花鐘(陽明山公園)の入り口辺り▽
謎キャラとキレイなお花。

撮る場所によってこんなだったり▽

こんなだったり▽

満開の部分だけ切り取ると▽

昭和桜は三分咲き▽
昭和桜も日本のものとは別物で、色は桃色、花びらが重ならず5枚しっかり見えるのが特徴。

散った地面もキレイかな。

以上、台湾の桜の種類と時期、陽明山で見た桜の写真などをまとめてみました(^^)

温度差の激しい春、天候にも左右されるのでベストなタイミングはなかなか難しいですが、、長く楽しめるので是非♡

直近の咲き具合は公式HPか、Google Mapの最新口コミ、Instagramなどで見るのが◎

こちらの記事も合わせてどうぞ▽
【何この絶景。陽明山山頂に牧場!?暑さから逃れて牛と景色に癒やされる】


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :