ジューシーな排骨屋さん「君悦排骨」@忠孝敦化駅近く


豚の骨付きばら肉を五香粉・ニンニク・醤油などで味付けした「排骨(パイクー/páigǔ)」。

台湾風トンカツなどとも言われますが、一口に排骨といってもお店によって排骨の食感・味わいがかなり違います。

台鐵弁当の歯ごたえしっかり煮込み排骨、鼎泰豊の柔らか骨なし排骨、衣がしっかりついた揚げ排骨などなど、、

今回書いたお店は衣でしっかり揚げたジューシーな排骨。お店の名前は、

君悦排骨

台北に11店舗あるチェーン店です!

アクセス


今回行ったのは大安區の忠孝敦化駅近く(その他の場所は一番下の店舗情報へ)。

駅を出てすぐの忠孝東路の大きな交差点から敦化南路に入り、100mほど北に歩いたところ(ハーゲンダッツの道をはさんで向かいくらい)。

黄色と赤の看板が目印。

渋いビルの2階です。

店内はこんな感じ

昭和感あふれる店内▽
めちゃくちゃ名古屋の喫茶店っぽい。笑

入り口で注文して先払いでした。

メニュー表▽
◯ 排骨酸菜飯/麺:160元
◯ 鷄腿酸菜飯/麺:175元
◯ 魚排酸菜飯/麺:175元
◯ 牛腩酸菜飯/麺:175元
など。

私は、看板メニューで夫の台湾人同僚オススメの「排骨酸菜麺」にしました。

「鷄腿酸菜飯/麺」も人気なようです。

昼過ぎだったので空いていてゆっくり食べれた。
でもそうでなくとも満席になることはないそう。

理由はたぶん価格で、Google Mapの口コミを見ると「量が少ない割に高い」「CP値不高(コスパわるい)」みたいなコメントをちょいちょい見かけるので(台湾はコストセンシティブな人が多い)。

確かに地元飯である排骨の相場からしたら高いけど、質はよく感じたし、広い店内でゆっくり食べれるのはありがたい。

でもサービスがいいわけではなく、紙ランチョンとお箸はセルフで持ってくる形式。笑

食べたもの

サクサクに揚がっている排骨!
唐揚げみたいな衣で、しっとりジューシー系の排骨。日本人の口に合うと思う(五香粉が大丈夫なら)。美味しかったです(^^)

麺は台湾の麺にしてはもちっとしていました。スープは味が薄いけど排骨が油がつんと系なので一緒に食べるのにちょうどよかったです。

Uberもあるけど(君悅排骨 捷運南京店)、出来たてを店内で食べるのが一番かなと思います。

また食べたくなってきた!

お店情報

名前:君悦排骨(jūnyuè páigǔ)
住所:台北市大安區敦化南路1段188號
時間:10:45-20:30
休み:なし

その他の店舗▽
◯ 信義區の台北101/世貿駅近く


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :