⇣ 新着記事 ⇣

コンビニで手軽に買えるStarhubのプリペイドSIMが鬼便利!


タイ、シンガポール、そして現在いる台湾でもケータイはプリペイド式のSIMを使っています。

異動のタイミングがいつか分からないので契約期間のしばりがなくて気楽だし、Wi-Fi環境にいる時間が長い私にとってはとっても安価に使えて(月1GBで約800円)最高の一言。

次男出産後、1ヶ月手伝いに来てくれた母の連絡手段として同じSIMを購入して使ってもらっていたのですが、便利だなと改めて感じたので書いてみました。

SIMの名前は、StarHub Happy Prepaid SIM

メリットや使い方をまとめています!

StarHub Happy Prepaid SIMとは

StarHub(スターハブ)とは日本でいうソフトバンクやドコモなどのキャリア名。

ポストペイド型(月額料金プラン)ももちろんあるのですが、私はプリペイド型のこのSIMを利用しています。

メリットは以下3つ。

メリット1:他国でもノー設定で使える

これがこのSIM最大のメリット!

通常海外に行くときは、あらかじめポケットWi-Fiをレンタルしたり、現地のSIMを購入したりしますよね。

このSIMは、アジアを主とした世界17ヶ国で、通常のデータプラン料金内で、追加料金なしに、何も設定することなく使うことができるんです!

17ヶ国は以下の通り。
(クリックすると拡大します)
参照:【 Starhub > Prepaid > Happy Roam Data Roaming Service】

今まで一時帰国の日本、旅行でタイ、マレーシア、そして現在いる台湾でもSIMをゲットするまでは、StarHubのSIMを800円/月の値段で使っていました。
(クリックすると拡大します)
こんな感じでメッセージが届くだけで、何も設定することなく、そのまま使えてしまいます。

位置情報を拾ってローミングできるネットワークに自動でつないでくれます。
(クリックすると拡大します)
参照︰【Starhub > Support > Roaming User Guide】

これすごくないですか?旅行然り、一時帰国然り、わざわざ購入したり、レンタルしなくていいのは非常に楽です。

データ的には一旦シンガポールを経由する形になるので多少はスピードが落ちますが、どこへ行ってもホテルにWi-Fiはついているし、外での情報収集や連絡手段として使うなら全く気になりません。

旅行好きな方で、わざわざシンガポールでこのSIMをゲットしたい!という方もいるほど便利なSIMです。

SIM自体には有効期限があり、日常的に使わなければ期限が切れて使えなくなってしまいますが、内容が変わらない限り、使用期限を延長させて半永久的に使うことができます。やり方は後ほど。

メリット2:コンビニで買ってすぐに使うことができる

セブンイレブンで「StarHub Happy Prepaid SIMください」とレジで伝えてパスポート or EP/DP(シンガポールの居留証)を渡せば、店員さんが手続きをしてくれて特に何も話さずゲットできます。

他に購入できる場所は以下色々とありますが、↓
(クリックすると拡大します)
参照:【Starhub > Prepaid Cards FAQ】

街中のコンビニで気軽に買えるのが便利!

Happy Prepaid SIMは全部で3種類あり、バンドルされているデータ量や有効期限が異なります。
(クリックすると拡大します)
参照:【Starhub > Happy Prepaid SIM Cards】

使い方にもよりますが、15ドル(≒1,200円)のものが一番使い勝手がいいかと。
私が使っているのもこれ。

内容は、15ドル分のチャージ額+2.2GBが付いてくるというものなのですが、2019年12月にさらにパワーアップして、8GBとなっていました!

内訳は、
〇 180日間有効の1.2GB
〇 初月に6GB(←New!
〇 残り5ヶ月間に200MBずつもらえる
(全てシンガポール国内のみ使用可)

HPは8GBとなっているけどトータル8.2GBじゃない?めちゃお得。

ちなみに旅行用のプリペイドSIM(Happy Travel Prepaid SIM)もあるのですが、
参照︰【Starhub > SIM > Travel Prepaid SIM Cards】

Happy Prepaid SIMとの1番の違いは、使用できる期間。7日間 or 12日間の2種類となっています。その代わり、100GBという到底使いきれなさそうなデータ量に国内電話もたっぷりついている、こちらもすごいSIM。

メリット3:残高確認やチャージができるアプリが便利

プリペイドSIMで気になるのが、残高と使用期限、使用状況。

タイで使っていたSIMは特定の番号に電話して、返ってきたSMSで残高確認という方法で、ちょっと面倒でした。

シンガポールで使っていたプランは、
1GB︰10ドル(使用期限4週間/電話代はプランに含まず[電話料金はシンガポール国内で毎分18セントが残高から引かれます→参照:Starhub
でした。

家にいる時間の多い私にはピッタリのプランだったのですが、データ量が少ないのと使用期限が4週間と毎月少しずつズレていくので、残高・使用期限・使用状況は常に把握しておきたい。

そんなニーズにがっちり当てはまる素晴らしいアプリがこちら↓
StarHub公式からでているプリペイド専用の管理アプリです。

チャージ(Top up)もできちゃう本当に便利なアプリ。こちらも使い方は後ほど。

7-11での購入方法

購入は先ほど述べたとおり簡単。店員さんにStarHub Happy Prepaid SIMがほしい旨を伝えて、パスポート or EP/DPを渡すだけ。

店内には並んでおらず、レジ中に置いてあるのでレジへ直接行って購入しましょう。

ゲットしたSIMの裏に8ケタの電話番号が書いてあります。

設定方法

スマホの電源を切ってSIMを差し替えます(要SIMピン)。

以上で終わり!シンガポール国内で使うのであれば、SIMを差し替えるだけで使えるようになります!

※ もしも自動で設定されなければ、スマホのネットワーク設定を下記の通りに少し変更します。
(クリックすると拡大します)
参照:【Starhub > Prepaid-cards > Happy-prepaid-sim】

(クリックすると拡大します)
設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名(APN)を「shppd」にして再起動します。

新たに初月に6GB(最高7.2GB)使えるようになったので、Wi-Fiと併用すれば初月はデータプランを購入しなくてもいけますよね(ただし、バンドルされているデータ量はシンガポール国内でしか使えないため、その間に他国で使いたい場合はデータプランを購入する必要あり)。

次に、先ほど述べたように使用状況が気になるのでアプリをダウンロード。

データ量がバンドルされているので、わざわざWi-Fi環境下へ行かずともすぐに設定できるのが本当にありがたい。

App Store(iPhone)またはPlay Store(Android)で「StarHub Prepaid App」をダウンロード↓
(クリックすると拡大します)
StarHubには他にもいくつかアプリがありますが、このプリペイド用をダウンロードしてください。


アプリを開くと、ゲットしたSIMの電話番号を聞かれるので入力して、
(クリックすると拡大します)
右下の「Request OTP」を押します。


すると、SMSで数字が届くのでその数字を入力すればログインできます。
(クリックすると拡大します)


トップ画面がこちら↓
(クリックすると拡大します)
表記内容の数字は、上から、
チャージされている金額(上の場合$21.78)
ケータイ番号の有効期限(〃158 DAYS)
データ量の残量(〃543MB left)
購入したデータプランの有効期限(〃 26/10/2019 at 12:47 HRS)
がこの画面で全て分かる非っ常にありがたいアプリです。

バンドルされているデータ量がなくなり、データプランを購入する場合は赤マルの「Packages」タブより。

(クリックすると拡大します)
いくつかプランがありますが、他国でも使用したい場合は上記の「WOW Data Plans」のどれかを選ぶ必要があります。

私は日常使いしているので「4-Week 1GB : $10」を継続更新していますが、旅行のときだけ使うのであれば、「3-Day 1GB : $5」や「1-Week 1GB : $8」などがあります。

その場合、飛行機に乗る前にデータプランを購入しておくことで、空港に着いた時点から使えてとても便利。

SIMの有効期限を延長する方法

有効期限を延長する方法は以下2通り。

お金をチャージ(Top up)する

アプリからお金をチャージすることで有効期限を延長することができます。

10ドルの場合は120日、20ドル以上チャージすれば180日延長できます。
参照:【Starhub > Support > Top-up Bonus】

有効期限間近にはSMSでお知らせしてくれるので、↓
(クリックすると拡大します)
知らぬ間に有効期限が切れていた、なんてことにはならなさそう。プロモーションのSMSも多いので見逃さぬよう注意は必要ですが。

チャージ方法は、トップ画面の「Top up」をクリック。
(クリックすると拡大します)


チャージ方法を選択。クレジットカードでチャージする場合は「Let me specify the amount」で金額を選択。
(クリックすると拡大します)

チャージは最低10ドルからで、20ドル以上チャージすると、500MBとチャージ額の15%(20ドルの場合3ドル)がプレゼントされます(シンガポール国内でのみ利用可で1ヶ月有効)。

あとは次画面でクレジットカード情報を入力して「PAY」ボタンを押せば完了。

*123*200#へコール

チャージ額を使用する機会がなければ、お金が溜まり続けてしまうので、その場合はこの方法。

私は試したことがないのですが、上記の番号へ電話をかけると、下記の3パターンの日数分延長ができるようです。
(クリックすると拡大します)
【Starhub > Validity Extension Packs for Prepaid Main Wallet】

最長90日ではあるけれど、1.4ドルとお安くケータイ番号を維持することができます。

注意点

SIMロック解除を忘れずに

大前提ですが、日本から旅行で来て使いたい場合は事前にSIMフリーにしておく必要あり。

SIMピンも忘れずに

SIMの差し替えに。

私はいつもケータイの裏側にマスキングテープで止めて、カバーをつけて持ち歩いています。笑

他国で使いたいときはローミングをONにする

ケータイとSIM、どちらもローミングONにする必要があります。

ケータイ側
(クリックすると拡大します)
「データローミング」を有効に。

SIM側はアプリ上で設定↓
(クリックすると拡大します)
左上のメニューボタンを開いて、

(クリックすると拡大します)
「Settings」を選択。

(クリックすると拡大します)
「Roaming service」を選択して、

(クリックすると拡大します)
「On」にして「Done」を押せば完了です。

基本的にはアプリ側は有効にしたままで、ケータイ側で有効無効の管理するのが楽かと。

私は起点がシンガポールで、旅行する国全てでSIMが使えたので、常にどちらもオンにしたままでした。笑

ただし、ケータイ側のローミングをオンにした状態で飛行機に乗るときは必ず飛行機モードにしましょう。一度飛行機モードにし忘れ、飛行機の中なのにどんどん残高が減ってしまった経験があります、、

残高が3ドル以上必要

シンガポール国外で使う場合、残高が3ドルきると使用できないため、トップアップする必要があります。
(クリックすると拡大します)
参照:【Starhub > Mobile Support > Prepaid Roaming】

以上、StarHubのプリペイドSIMについてでした!

シンガポールを離れたので日常使いはしなくなったけれど、一時帰国などで今後もお世話になります(^^)

購入も使い方も簡単でいて、在住者にも旅行者にも本当に便利なSIMです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :