⇣ 新着記事 ⇣

プーケット島 (のちょっと上) の超穴場な温泉ホテル!【The Hotspring Beach Resort & Spa ホットスプリング・ビーチリゾート】がめちゃくちゃオススメ

※ 2019年4月17日更新
再訪したので、もろもろ追記しました!

5ヶ月ぶりにタイ!我が家の遅めの夏休みはプーケット3泊4日の旅行でした。

生え放題の熱帯雨林、完全定員オーバーのソンテウ、トラックのドリアン販売、バイクの3ケツ、間の抜けたタイ語など、目に入ってくる景色、聞こえてくる音、全てが愛おしくて心踊る(^^)

アジア間旅行でこんなに楽しみだったのは久しぶりなわけですが、初日は夫が見つけたおもしろい宿を予約していて、これがまた楽しみでした。

宿泊した宿は
The Hot Spring Beach Resort & Spa
ザ・ホットスプリング・ビーチリゾート&スパ

というホテル。名前の通り天然の温泉があるんです!タイ南部だとクラビの温泉が有名ですが、プーケット島のすぐ上、ここパンガー県にも3ヶ所湧き出る場所があるそう。
参照:【タイの観光の切り札は「温泉」!? - タイ自由ランド】

ちなみにパンガー県はこんなところ↓
プーケットのすぐ北、大小約160の島々が散らばる風光明媚な多島海の風景が印象深いパンガー県。海に浮かぶ不思議な形をした石灰岩の岩礁や生い茂るマングローブ、小さな入江や洞窟など、独特の景観をもつパンガー湾は、映画「007」シリーズのロケ地としても有名です。
近年は閑静なリゾート地としても注目を集めています。
参照:【 (公式 ) タイ国政府観光庁 > エリア情報 > パンガー】

少し古そうだし、日本語でのレビューも数える程度だったので、初日1泊だけしてみようかと予約したこのホテル、大正解でした!再訪時には2泊ゆっくりしました。

ということで、おもしろ宿の様子を写真たっぷりめでお伝えします(^^)

アクセス


プーケットまではシンガポールからは飛行機で2時間弱。

今回はプーケット空港にて事前に予約しておいたレンタカーを借りて移動しました。前述通り、このお宿はプーケット島ではなく、プーケット県のすぐ上のパンガー県というところにあります。

プーケットとタイ本土は橋でつながっていて、空港からは車で約40分の距離でした。ホテルの周りには特に何もないため、タクシーでわざわざ行くには不便かなぁ(プーケットのタクシーは高い)。ちなみにGrabでは1,000バーツと出ていました。プーケットではGrabもこんなに高いのか、、。

レンタカーを借りる方もしくはおもしろ宿に興味がある方にオススメの宿です。

帰りに車内から撮った写真なので見にくいですが、ここがホテルの入り口で、門をくぐってから正面玄関まで300メートルくらい距離があります。漂うVIP感。

開放感あふれるこちらが正面玄関。

ここを奥へ進むとフロントがあります。
豪華だけど、ちょっと寂れた雰囲気が好き。

ホテルはこんな雰囲気

このホテル、とーっても広いんです。

ヴィラやスパなどの施設が点在していて、その間の池や草木の多いこと!
泊まった部屋の目の前の景色。

沖縄と中国とタイが混ざりあった庭園のよう。この混沌とした感じ、よいですねぇ。

全体図はこんな感じ↓
(クリックすると拡大します)

なくなったり、変わっていたりした場所もありましたが配置はこんな感じでした。離れた場所へは頼めばホテルの移動車で送ってもらえます。

ヴィラが最高!

1度目の宿泊:デラックスプレミアルーム キングベッド

予約したのは、デラックスルーム(プールアクセス可)だったのですが、プールが改装工事真っ最中とのことで、プライベートプール&ミニ温泉風呂付きのヴィラへアップグレードしていただけました。

雨期のローシーズン&平日(金曜)ということもあり、お客さんはほぼおらず、余っていたのだな、やったー!

外観↓

中庭にはこんな立派なプール、、!

玄関横にあるミニ温泉風呂。こちらは隣のお部屋と共用な様子。
メインの温泉プールに入ったので、ここでは足湯するのみだったけど、部屋からサクッと足湯できるのが嬉しい。少し入れるだけで足ぽっかぽか。

お部屋もキレイ。小さなアリはでたけど、許容範囲でした。

トイレ&シャワールームは半屋外。
上に網が張ってあるので虫は入ってきませんでした。雨のときは濡れそうだけど(^^;) 蛇口が壊れて取れたりしたけど、お湯はしっかり熱く、日本の温泉のような雰囲気にテンション上がる(^^)

中庭では飲みながら遊ぶ息子を見守れるWin-Winすぎる環境。
お部屋のビールは1本80バーツ~と良心的なお値段でした。

プールの周りにはプルメリアやヤシの木があり、木々に囲まれながら過ごす静かで穏やかな時間に本当に癒された。

夜は暗くてこわくて、外に出れなかったのですが、朝方4時頃庭に出てみると、星がとってもキレイでした。田舎育ちの星空大好き人間なので嬉しいぃ。

2度目の宿泊:グランドプールヴィラ

半年後に再訪しました!

今回は別のお部屋にしてみました。アゴダで予約して1泊約16,000円。乾期はもう少しお高いのかな?

前回宿泊したお部屋と値段は一緒。違いはお風呂。こちらは部屋前の温泉風呂がない代わりにバスタブが付いています。

そうそう、今回は4月に行ったのでめちゃくちゃ暑いのかな(タイで最も暑いのは4月。恐ろしく暑い)と思っていたら、シンガポールとあまり変わらない気候でホッ。日差しは強いけれど、日陰はなかなか快適でした。

お部屋の入り口。

入ってすぐにプライベートプール。奥にはレースカーテン付きのサーラー(東屋)。

2日目のお昼はコンビニで買ってきたものをここで食べました。
蚊が多いので蚊取り線香も一緒に。プールに入ったりくつろいだり、最高に気持ちよかった~。

お部屋はこんな感じ。

お風呂。

温泉がもっと最高!

メインの温泉。これが本当に極楽だった、、。

部屋の前の温泉とは別に大きな温泉プールが2つありました。
40年前に発見された温泉源だそうで、硫黄成分が少ないので匂いはほとんどなく、無色透明(公式HP参照)。少しとろっとしてました。

水着を着て入るので、家族でも友達同士でも一緒に楽しめるのがいい(^^) 息子は浮き輪に乗りながら泳いでました。

お湯は体感40℃弱。熱すぎず、ゆっくり浸かれるちょうどいい温度。

出どころはこんな感じ↓
ヘビのお口から出ているお湯はやはり熱く、45℃くらい。

温泉プールの真ん中は深めですが円の外側は寝転べるほどの浅さ。大の字に手を広げて空を眺めながら入る温泉。日本の温泉とはまた違うよさがありました(^^)

ローシーズン(9月は雨期真っ盛り)のためか、夕方と朝入った温泉プールはどちらも貸切でのんびりできた。

4月の2度目の訪問時は前回に比べてかなり人が多かったです。中国人5割、ロシア人4割、タイ人0.9割、そして私たち。温泉はそこまで人はおらず、プールが大人気でした。

プールが最高

そのプールがこんな感じ↓
とにかく広い!小さい子でも足がつく場所や座って談笑できる場所、ミニウォータースライダーなどあり、計4時間も入りました。

夜は派手派手なライトアップもされていて、水も冷たくないし、日差しを気にせず星空も楽しみながらのんびりできた。この施設を知っていてプールが改装中だったら確かにショックだったかも。

この日のために浮き輪を2個買い足した。笑

プール内のバーは良心的なお値段。フレッシュココナッツジュースが95バーツ、スイカジュースが150バーツ。

大満喫でした!

この世の果てのようなプライベートビーチが最高

ちょっと変わったビーチがまたまた最高でした。
ビーチ近くにホテルのレストランがあるのですが、そこを抜けると、

海まで続くこーんな橋が。

さらに先には手作り感満載(雑)な橋。

この砂浜の先に、

だだっ広い海が見えてきます。
周りにはなーんにもなくて砂浜と海が見えるのみ。波が高いので遊泳は禁止でしたが、ただボーッと海を眺めたり、目を閉じているのが心地いい素朴な場所でした。

三途の川ってこんな感じかな〜なんて話しながら過ごしました。笑

ごはんはこんな感じ

周辺には何もないのと、息子が眠そうだったので、ホテルのレストランで夜ごはんをサクッと。レストランは先ほどの海辺とフロント近くの2箇所。私たちは部屋に近いフロント近くのレストランで食事しました。

お客さんは私たちのみ。笑

モヒート。タイのモヒートはどこで飲んでもミントとライムがたっぷり入っていて本当に美味しい!大好き。

頼んだのはパッタイとピザ。海が近いだけあって、エビの身がしまってて美味しかったです。

朝ごはんはシンプルでまぁまぁでした。可もなく不可もなく。

宿泊なしで温泉、プール、ビーチ、フィットネスが400バーツで利用できるワンデイパスもあるようです。
【One Day Pass Service of the Hotspring Beach Resort & Spa】

是非宿泊してほしいけど!ただまわりに何もないので、2泊以上は退屈しちゃうかも。2泊がちょうどいいかな。

ゆっくりのんびり癒されるのに最高なお宿でした(^^)

このホテルの最新情報・料金をチェックExpediaAgodaHotels.com
▶ その他のプーケット関連記事はこちら。
〇 【ビーチ沿い、どローカル店で新鮮なタイ料理を堪能「ラビアンレイ Rabiang Lay Seafood Restaurant」@プーケット (のちょっと上)】
〇 【カロンビーチで美味しいラテが飲みたいならここ!「Paradise The Espresso Bar エスプレッソバー」@プーケット】
〇 【落ち着く~。プーケットのコスパ◎な日本食屋さん「Red Snapper レッドスナッパー」@カタビーチ】

ホテル情報

名前:The Hot Spring Beach Resort & Spa
   ザ・ホットスプリング・ビーチリゾート&スパ
住所:79 หมู่ 8 Na Toei, Thai Mueang District, Chang Wat Phang-nga 82120 Thailand
HP:http://www.thehotspringbeach.com/


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :