⇣ 新着記事 ⇣

【バンコク】プロンポン Phrom Phong のラテが美味しくて居心地がいいカフェ7選+番外編

※ 2021年10月19日最終更新
移転・閉店した店舗について追記・修正しました。

タイでは本っっ当によくカフェにお世話になりました。

息子が抱っこひもの中で寝ている間にカフェで一息ついたり。

歩きまわるようになってからもタイの方はみんな子供に優しく接してくれるので、小休憩に癒されに行っていました(もちろん場所は選んで。お互い気持ちよく過ごせるように)。

息子が幼稚園に行き始めてからは本を読んだり、ブログを書きに行ったり、自分を見つめ直すのにカフェを利用することが多かったです。

私の超偏った行動範囲の中ではありますが、プロンポンのラテが美味しくて居心地のいいお店をまとめてみました(^^)

似たような雰囲気のお店が多いバンコクで、それぞれいつくらいにオープンしたのか興味があったので、併記してみました。ソースはBK Magazineです。

Roast(ロースト)

▷ プロンポン/スクンビットsoi35 エムクオーティア内
▷ 2015年6月オープン(トンローにあった1号店は2011年4月)

BTSプロンポン駅直結、エムクオーティア1階。エムクオーティアは3つの建物に分かれていますが、プロンポン駅に面した、駅から見て遠い方の建物です(The Helixという建物名)。

1号店は2015年にトンローsoi13から移動して、現在はトンローsoi17のコモンズ最上階にあります。

今までカーサラパンが今のバンコクのカフェブームを巻き起こしたのだと思っていましたが、先駆者はローストでした!2011年オープンだったんだなぁ。前身のsoi24にあったオハナフレッシュというカフェも大盛況だったそう。

しかもしかも!ローストのオーナーがコーヒー専門店Rootsを運営していて、さらに、コモンズ自体もオーナー兄弟がやってらっしゃるそう。
参照:【トンローに新コミュニティモール「ザ・コモンズ」登場! - DACO】

さらにエムクオーティアのオフィスタワーの方にある「Daily Roast」というお店もローストが運営しているそうで。
参照:【Daily Roast - WOM Bangkok】

なんたる才能の持ち主。

オーナーさんのインタビュー記事を見てみると、Rootsは元々焙煎専門でカフェにする予定ではなかったそう。
参照:【Chat with Varatt from Roast Restaurant Bangkok - ladyironchef】

エカマイにあったときは土日のみの営業でしたが、その営業を開始したのもコーヒーの哲学や情熱をお客さんと共有するためだったそうな。

先駆者にして人気は高まるばかりのすごいお店。
休日はいつも並んでいるエムクオーティア店。

ラテ100バーツ。クレマ(上の茶色い部分)がしっかりしているので飲みきるまでアートが残っていました。苦味は強くなく飲みやすいラテ。

と、ストロベリーワッフル(260バーツ)♡
これが久々に食べたくて先日も行きましたが、やはり美味しかった〜!大きいのに全然おもくなくてサクフワのワッフルと、軽いホイップクリーム、あっという間に食べてしまった。

メープルシロップが合うのなんの。毎日でも食べられる、、

店員さんの接客もよく、オーナーさんが現場にいなくてもオーナーさんのカフェに対する想いがしっかり再現できている素敵なカフェ。

****************************************
【Roast ロースト】エムクオーティア店
場所:エムクオーティア(BTSプロンポン駅直結)1階
時間:10:00-22:00
FB:https://ja-jp.facebook.com/roastbkk/
****************************************

Brainwake Cafe(ブレインウェイクカフェ)

▷ プロンポン/スクンビット soi33
▷ 2015年6月オープン

ワンダーウォールカフェのすぐ近く。BTSプロンポンからだと同じく徒歩約15分ほど。soi33から行くと、つきあたりを曲がってすぐ右手です。


ここは本当によくPDCAが回されているなと客側が感じるほど常に改善されていて素晴らしいお店。

オープン当時はL字型のお店の半分は自転車ショップで、ラテも家で飲めるレベル、、自転車好きが集うカフェなのかなーなんて思っていたけど笑、今はラテもすごく美味しいし、ごはんメニューもとても充実しています。

昨年にはトンロー店がオープンし、メニューもパワーアップ、しかも先日からディナーもスタートし、営業時間も21時までになりました。

オーナーさんはインラック元首相の秘書だった方で、オープン時にはインラック元首相がお祝いに来られてる!
参照:【Brainwake Cafe カイガタ食べ歩き(1) - タイ〜バンコク周辺バス日帰り旅〜】

子供の遊び場があるのでその周辺は日本人ママ率高めですが、タイ人やファラン(白人)のお客さんも多いです。

店内ではパンが販売されており、リーガロイヤルホテル大阪で24年間パンを作られていた日本人の方が作るパンが購入できます。店内で食べる場合は温めてもらえます。

ここのあんこ食パンが大好き!17時以降にはパンもケーキも50%OFFになるので、そのパンを求めて買いに来る人も見かけます(日本人ばかりなのは国民性?笑)。

また5%ディスカウント券とコーヒースタンプカードがあり、スタンプカードは10個たまると1杯無料になります。(2018年4月8日現在)

左上がオープン当初のラテ、その他は最近のものです。明らかによくなっている、、!

ラテは75バーツと本記事のオススメ店の中で一番安いです。ごはんやデザートメニューもどれもリーズナブルで美味しい。

先日夜ごはんに食べたトムヤムペンネも美味しかったです。エビが大きくてプリプリでした。
使い勝手のいいお店◎

****************************************
【Brainwake Cafe ブレインウェイクカフェ】
場所:スクンビットsoi33
時間:7:00-18:00
FB︰https://ja-jp.facebook.com/brainwakecafe/
****************************************

Ceresia Coffe Roasters(セレシアコーヒー・ロースターズ)

▷ プロンポン/スクンビット soi33/1
▷ 2013年6月オープン

フジスーパー1号店の目の前。BTSプロンポンからも徒歩5分とこちらも好立地。

2015年からサラデーン(シーロム)に支店ができていたそうで!知らなかった。

以前はお店の奥にあった焙煎機が隣に移動したため、少し広くなりました。入ってみると意外と奥行があります。

暗めの木材を使用し、落ち着いた雰囲気の内装が流行っているバンコクのカフェですが、ここは明るい木材に照明もバチッとついていてさわやかな雰囲気。

奥にベンチシート席がありますが、私は外が見えるガラス張りの席が気持ちよくて好きです。

経営しているタイ人とベネズエラ人のご家族は英語が堪能でファランの常連さんが多いようで、楽しそうにお話ししている声が聞こえてきます。

ラテ100バーツ。ここのラテアートもいつもキレイで見惚れる。

他のお店よりもミルクが多めなのか?マイルドでまろやか。飲みやすいので万人ウケする味かなと思います。舌ざわりなめらか~。

ハンドメイドの小さなキッシュも美味しいです。
たしか100バーツ。

****************************************
【Ceresia Coffee Roasters セレシアコーヒー・ロースターズ】
場所:スクンビットsoi33/1
時間:8:00-17:00
HP:https://www.ceresiacoffeeroasters.com/
FB︰https://ja-jp.facebook.com/Ceresiacoffee/
****************************************

Wonderwall The Kaffebar(ワンダーウォール・ザ・カフェバー)

【※2019年1月閉店】
でも後にできたカフェもとても良さげ。
新しいお店情報はこちら(Google Mapが開きます)

▷ プロンポン/スクンビット soi31
▷ 2013年8月オープン

soi31のパクソイから徒歩約8分。BTSプロンポンからだと徒歩15分ほどと少し遠め。soi31とsoi33の間にあります。

「AVORA31」というアパートの1階に入っているこじんまりしたカフェ。

タクシーで行く場合、カフェの前の通りが一方通行なのでsoi31中ほどの交差点で降りるか、soi33から乗るのがいいと思います。


店内はベンチシート席が4つと6人がけのテーブルのみ。あとは外席が4、5席あります。

お店は広くないものの、お一人さまでPCをしている人が多く、集中できるのが好きです。平日の午前中に行くことが多かったですが、いつも落ち着いた雰囲気。店名通り、まさにカフェバーだと思います。

家の近所で一番通ったお店なので、ケータイのフォルダから写真を集めてみました。
うーん圧巻!ラテアートが最高すぎる。

フォームミルクがしっかりしていて、舌ざわりなめらか、苦味もちょうどいい美味しいラテ。

コーヒーを持ち帰りで買っていくファランが多いのが美味しい証。

ラテはシングル(エスプレッソ1ショット)が80バーツ、ダブル(エスプレッソ2ショット)が95バーツです。

左下の2つはカフェモカ。シングルが90バーツ、ダブルが105バーツ。

右下のカップはCold brew with grass jelly、コールドブリュー(水出しコーヒー)にグラスゼリー(仙草)が入ったもの。120バーツ。

フジスーパーにも売っているグラスゼリー。少しクセのある味なのですが、この組み合わせは美味しかった!コクのある苦甘アイスラテと合わさってクセがなくなり、ゼリーのしっかりした弾力が合っていました。

ケーキやキッシュ、パンなど軽食もあります。
キッシュ(右上)は卵感強めのふわふわ生地で子供が好きな味。

ポットパイビーフ(左下)は牛肉のくさみがなくて食べやすい。ケチャップがピリ辛でよく合う。

どちらも大きめサイズで満足ボリューム◎各150バーツ。

****************************************
※閉店【Wonderwall The Kaffebar ワンダーウォール・ザ・カフェバー】
場所:スクンビットsoi31
時間:7:30-19:00
FB︰https://ja-jp.facebook.com/WKaffebar/?hc_location=ufi
****************************************

Casa Lapin x26(カーサ・ラパン x26)

【※ soi26店は閉店】
郊外に店舗が増えています。最新の店舗検索は下記より▽
https://www.casalapin.com/location

▷ プロンポン/スクンビット soi26
▷ 2014年6月オープン(トンローにあった1号店は2012年9月)

BTSプロンポンから徒歩約8分。エンポリアムデパートに面したsoi24の一本トンロー側、soi26を300mほど行った左手にあります。


店を移転したり閉店したりしながら、現在はここsoi26店とエカマイ(Major Ekmai)、トンロー(Bad Motel)、アーリー、ラチャテウィー、ラチャダーピセーク(the Street)の6店舗。

soi26店はカフェに加えて、レストラン、コワーキングスペース、ホステルまで手がけるマルチ施設。

建築家の方がオーナーということで、内装がカッコイイです。きっとここをお手本にしているお店も多いはず。

soi26店は店内がとっても広々としていて、席幅も席の間隔もゆったり。さらに駐車場があるのがありがたく、車があるときにはよくここのカフェへ来ていました。テラス席の数も多いです。

カーサラパンのコーヒーはしっかり苦め。タイ料理やラーメンを食べたあとに飲みたくなります。ラテアートがこちらもキレイ。

ラテのシングルが90バーツ、ダブルが100バーツ。

先日久々に行ったときのラテアートはちょっと残念だったけど、、
味も以前の方がもっと美味しかったような。Facebookにも似たような意見がありました。バリスタさんが変わったのかな?一時的なものかもしれません。

店内は時期によっては蚊が多いので、蚊除けスプレーがあるといいかも。

****************************************
※soi26店は閉店【Casa Lapin カーサ・ラパン】
場所:スクンビットsoi26
時間:8:00-22:00
FB︰https://ja-jp.facebook.com/casalapinx26/
****************************************

Sweet Pista(スイートピスタ)

【※「Warehouse30」内に移転】
バーンラック区の倉庫型複合施設・Warehouse30内に移転しています。最寄り駅はBTSサパーンタクシンまたはMRTフアランポーン。
お店情報はこちら(Google Mapが開きます)

▷ プロンポン/スクンビット soi31の奥
▷ 2012年5月オープン

soi31の奥の方にある肉々しいハンバーガーが美味しいお店。パクソイから歩くと20分ほどかかるので、タクシーで行くのがいいかも。

歩いて行く場合は、soi31の奥のバイタク乗り場を左に曲がり、カラフルな旗が店先に飾られているネパール料理屋さんやSimpleというカフェを通過、道を渡った先にカフェが見えてきます。

ここもBrainwake同様自転車好きのオーナーさんのお店で、元々はこの敷地の奥にあった自転車とカフェのお店が少しずつ拡張され、現在は広々とした店舗に。

入ってすぐの場所にはケーキが売っています。

平日の15時半頃の店内。昼間は満席です。ここのチーズバーガー(220バーツ)が大好き!バンズもチーズもお肉も全て美味しいです。

クラフトバーガーって割とお値段がしますが、ここはお値打ちなのも嬉しい。

で、ここのラテもなかなか美味しいのです。
ラテ95バーツ。フォームミルクは控えめ、だけどハンバーガーを食べたあとやケーキと一緒に食べるならこれくらいがちょうどいいかも。

量は少なめだけど、苦味はしっかりめで十分満足できるラテです。

そして新メニューのサンキストオレンジチーズブリュレ(125バーツ)がとても美味しかった!

オレンジをくり抜いた皮が器となっていて、ブリュレの中には果肉がたっぷり。クリームチーズの酸味とオレンジの酸味がよく合う。濃厚だけど軽く食べれてしまいました。

お店が11時オープンなので朝カフェには使えないけど、午後カフェにはぴったり。

****************************************
※移転【Sweet Pista スイート・ピスタ】
場所:スクンビットsoi31
時間:11:00-22:00
休み:月曜日
FB︰https://ja-jp.facebook.com/sweetpistabangkok/
****************************************

A Stimulant by Sarnies Bangkok(ア・スティミュラント・バイ・サーニーズ・バンコク)

【※ soi33店は閉店】
Sarnies Bangkok自体はジャルンクルン通りで営業中。最寄り駅はBTSサパーンタクシン。
新HPはこちら
お店情報はこちら(Google Mapが開きます)

▷ プロンポン/スクンビット soi33
▷ 2017年12月オープン(soi39の1号店は2017年7月)

ここはワンダーウォールカフェのちょうど向かい側。ピザの名店、PEPPINA(ペッピーナ)の店舗にはさまれた緑のお店。


Dim Dimというバーで、今ままでは夜のみ営業していましたが、最近日中はカフェを始めたようで行ってみました。

張り紙がオシャレ。

このコーヒー屋さん、Dim Dimが始めたわけではなく、シンガポールから来たお店でした!シンガポールではカフェというよりモーニングからディナーまで使えるレストランとして有名のよう。
【SARNIES】

そしてここは実は2号店で、1号店はフジスーパー2号店(soi39の奥)近くのKRAM(クラーム、タイ料理屋さん)の敷地内にあるようです。

バーということだけあってしっとり落ち着いた雰囲気。

席はカウンターとハイチェア席が2つ、ベンチシート席が2つです。

ラテ100バーツ。シンンガポールの本店は5ドル(≒400円)なので、バンコクで飲む方が安いという(笑)人件費と家賃代ですね。

苦味しっかりめでカーサラパンに近い味。美味しかったです。

夫が頼んだカプチーノ100バーツ。

見てのとおり、ここでは茶杯にラテが注がれます。これがかわいいのなんの!そこまで熱くないラテだからできることですよね。ラテと茶杯って合うんだなぁ♡

ちなみに夜やっているバーも一度だけ行ったことがあるけど、なかなか面白いメニューでした。
ウーロン×オレンジサワー。肝心の味は忘れてしまったけど(^^;)

いい雰囲気なので、子連れの私たちはサクッと飲んで帰りましたが、日がよく入るのに薄暗くて落ち着いていて素敵なお店です。

****************************************
※soi33店は閉店【A Stimulant by Sarnies Bangkok ア・スティミュラント・バイ・サーニーズ・バンコク】
場所:スクンビットsoi33
時間:8:00-16:00
休み:月曜日
FB︰https://ja-jp.facebook.com/astimulantbysarniesbkk/
****************************************


* 番外編 *
最後にプロンポンではありませんが、BTSプルンチットからすぐのオススメ店をご紹介。

Bar Storia del Caffe(バーストリア・デル・カフェ)

【※ プルンチット店は閉店】
現在は下記2店舗。
◯ トンロー店(お店情報はこちら
◯ アーリー店(お店情報はこちら

▷ プルンチット/BTSプルンチットすぐ
▷ 2017年11月オープン(エイトトンロー内の1号店は2013年5月オープン)

BTSプルンチット駅をエンバシーじゃない側に降りて徒歩約3分の好立地。

エイトトンロー店から始まり、アーリー店、トンロー店(サリルホテル内)、プルンチット店の4店舗。

コーヒーに目覚めたのはたぶんこのお店がきっかけ。

当時エイトトンローの地下のお店に友人が連れていってくれて、繊細なラテアート、ふわふわで濃厚なラテの味に驚いたのを覚えています。

写真を見返して発見した当時のラテとアップルタルト。ここのスイーツ皿が本当にかわいい!

BK Magazineによると、ここのバリスタさんは元カーサラパンのバリスタさんだったらしい、、!優秀な人が独立したりするとカフェは大変なんだろうな。

ラテにはビスコッティがついてきます。

このお店はコーヒーはもちろん、アップルタルトもオススメ。大きくてしっとりしたりんごは甘さと酸味がちょうどよく、しっかりめのタルト地ともよく合います。ケーキ並みの高さがあってボリューミーなので、デザートに、という量ではないですが。

最後にもう一度食べたくて送別会の場所に指定させてもらったsoi57店(サリルホテル内)
目にも美味しい♡

サリルホテル店へ行くときにFacebookで場所を調べたのですが、Facebookで見た別店舗の店構えがとても素敵で、思わず行ってしまったのがここプルンチット店↓
色合いがツボすぎる!

ちなみにアーリーのお店はさらに素敵。行ってみたかった、、

店内もかっこいい。

頼んだラテは大きなサイズで120バーツ。サービスチャージ+税で142バーツと少々高めですが、かなりたっぷり入っていて、店内でもゆっくりできたので大満足です。

ケーキを頼もうとしたらことごとくなかったのは残念だったけど(^^;)

遊び疲れた息子が寝そうだったので、途中で2階席へ移動させてもらいました。

2階は1階とは雰囲気が異なり、暗めでちょっと純喫茶っぽくて好み♡

ベンチシート席で息子が1時間半も爆睡させてもらっちゃいました。平日の14時過ぎに伺いましたが、それほど人が多くなくゆっくりできました。

まさにラテが美味しくて居心地がいいお店。

****************************************
【Bar Storia del Caffe バーストリア・ド・カフェ】プルンチット店
場所:BTSプルンチット駅徒歩約2分
時間:6:00-23:00
FB︰https://ja-jp.facebook.com/barstoriadelcaffe/?locale2=ja_JP
****************************************

以上、私の大好きなコーヒー屋さんたちに感謝の気持ちを込めて書きました!本当にお世話になりました(^^)

この記事は2018年4月に書き、2021年10月に追記・修正したものです。

お店の入れ替わりが激しいバンコク。最新情報は各お店のFBやHPをご覧ください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :