見た目よりずっと食べやすい。タイの伝統菓子、ロッティサイマイ

見た目にパンチがあるロッティサイマイ。
はじめて見たときはこの色と綿菓子にしては太めの繊維が派手なカツラのようで笑、買う気になれませんでした。

最近食べてみたのですが、素朴でいいおやつになったので今日はその感想を(^^)

ロッティサイマイとは?

ロッティサイマイとはタイの伝統菓子のこと。ロッティは左側のクレープのような生地、サイマイは絹糸という意味。

このロッティサイマイ、アユタヤ名物なのですが、バンコクでも売っています。今回はシーナカリン大学の市場、木タラで購入しました。セットで30バーツ。

プロンポン駅前でも前は売ってたけど、最近は生絞りジュース売りのおじちゃんに代わってしまったのか?見かけないなー。


ロッティに綿菓子をのせて食べます。

綿菓子は、日本のものよりもとってもキメが粗い!見た目は粗めに削ってあるかき氷の氷のような線が連なっている感じ。

実はこれ、飴を糸のようになるまで何度も何度も伸ばしたものなんだそうです。そんな大変な工程で作られていたなんて、、!通りでパリッと食感なわけだ。

お味の感想

綿菓子はかなり甘め。シャリッとしたしっかり食感とゆっくり溶けていく綿菓子感がおもしろい。ほのかにココナッツの香りがするけど混ぜこまれているのかな?

うすーく焼かれた緑色のロッティはバイトゥーイ(パンダンリーフ)のいい香り。クレープっぽいけど、クレープよりもっともちっとした生地。結構塩気がある。

綿菓子だけを食べても今いち。ロッティだけを食べても今いち。ただ2つを一緒に食べるとすごく合う!甘みがちょうどいい(^^)

これは日本のあのふわふわな綿菓子では合わないと思う。少しパリッとする食感がいいんです。

癖が強くないので食べやすいので、パクパク食べれてしまう美味しさ。毎回綿菓子がいっぱい残るけど。笑

これはいいおやつ(^^)


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :