ハーブの達人からハーバルボールマッサージを習う【Hermit Herb ハーミットハーブ】@オンヌット

気が付いたらもう2ヶ月が経ってしまったけど、7月下旬からちょこちょこ通っていたハーバルボールマッサージの教室について感想を書きたいと思います。

以前、ハーバルボールマッサージのレビューでも書いた【Hermit Herb ハーミットハーブ】のティウ先生のところ(^^)

お店の看板が渋い。

講座内容

全15時間の中でハーブのこと、ハーバルボールの作り方、ハーバルボールマッサージの仕方について学びます。

ここのスクールを選んだ理由は、ハーブと一緒に生きているような先生から学んでみたかったから。

以前ワットポーマッサージスクールでハーバルボールの作り方については学んでいるので、その知識を元にマッサージの仕方を学びに行きました。

時間は基本的に9:00-15:00頃の間で要相談。予約時に希望の日時と時間を伝え、先生が空いていれば5時間×3日間や、3時間×5日間など臨機応変に対応してもらえます。同時期に同じコースを学んでいる人がいれば一緒に、いなければマンツーマンで受けられます。

日本語がお上手で体に関する用語もたくさん知っている先生なので、日本から学びに来る人も多いそうですが、先生が伝えたいことをしっかり理解しようとするには日本語だけでは少し厳しいかな?と感じました。英語かタイ語ができると理解が深まると思います。

で、私はというと3時間×5日間でお願いしました。

やったことをざっくりまとめると、
1日目︰ハーバルボール作り
2日目︰先生の施術に同行
3日目︰先生に施術をしてもらう
4日目︰ハーバルボールマッサージの練習
5日目︰ハーバルボールマッサージの練習&コーヒーハーブボールでフェイスマッサージの練習

2日目は産後のタイ式治療「ユーファイ」に同行させてもらえ、やり方を見学しました。

基本の流れに沿いつつ、時々で授業内容は変わると思います。

そして毎回行ったらまずはハーバルサウナをさせてもらい、様々なハーブティーをたくさん飲ませてもらい、バナナチップスやお菓子をたくさんもらいおしゃべりしました。笑

いわゆるきちっとした「授業」ではなく、田舎の家に遊びに行きながら為になる話を聞くような感覚。

ハーブについて学ぶ

スクールの前には先生が育てているハーブたち。

授業中に蚊にさされたのですが、先生が蚊に効くハーブを取ってきてすり潰して箇所に塗ってくれました。

するともう塗った瞬間からかゆくない!肌に色がつくので見た目は打ち身みたいになるけど笑、効き目の早さ&強さに驚きました。

これが毎回やらせてもらっていたハーバルスチームサウナ。七輪でクツクツと煮たハーブの優しいサウナです。

▶ 詳しくはレビュー記事をどうぞ。
【Hermit Herb ハーミットハーブ】@オンヌット/スクンビットsoi48/3

日本語の資料がもらえ、使用するハーブの名前や効能、手順などが書いてありますが、基本的には見て聞いて学ぶスタイル。

何気ない会話の中に先生のハーブの知識が散りばめられているのでメモ必須です。

いざ!ハーバルボールを作る

先生の地元、ナーンから持ってきているハーブたちをカットして潰していきます。

結構力仕事。ここまではやったことがあるので復習な感じ。

肝心のハーバルボールマッサージは、、学びがたくさんありました!

まずは脈を見て、軽いタイマッサージで老廃物が溜まっている場所を事前チェック。

ハーバルボールマッサージでその箇所を長く当てたり、念入りにマッサージします。

当てていく手順はもちろん、「凝り」を見て、体の状態を見ながら施術をするというやり方自体にかなり刺激を受け、学ばせてもらえました!

感想

このスクールは中級以上向け、タイマッサージの基礎を知っている人向けかなと感じました。

理由は、先生がふんわりしているから(笑)元々タイマッサージは師から弟子へ見て覚えるスタイルで、伝承されてきたものなので、これがタイの本来の形なのかもしれませんが、先生がお手本を見せてくれて「じゃあやってみてね」とそのまま外のハーブを取りに行って料理をはじめてしまう先生(笑)

そうそう、毎回ハーブたっぷりのお昼ごはんもご馳走になっていたのです。
屋台のテンションが上がる系の味ではなくどれも優しい味わいで、すごく美味しかったです。ちなみにタイ料理も6時間3,000バーツで教えてもらえます。

希望ももちろん言えますが、胃の不調を治したいとか冷えを治したいなど症状を伝えると、オススメの料理を選んでもらえるそう。


タイマッサージに使えるものだけでなく、口にするものにおいても、ハーブや果物、食べ物の効果や冷温をたくさん教えてもらいました。

コーヒーが体を冷やす飲み物だというのははじめて知った。だから体を温める効果のあるバイトゥーイと一緒に飲むのがいいとかもう色々。

▶ バイトゥーイコーヒーの記事はこちら。
【布フィルターで淹れたハーブコーヒーを飲む@スクンビットsoi33の屋台】

あとははじめに述べたように、日本語でのニュアンスを汲み取るのが私の場合は難しかったので、あとから復習して、「こういうことだったのか!」と教わったときは誤認識していたことがありました。

そういう意味でも後から自分で調べられるようメモは必須だと思います。

1日目はほぼ雑談で終わったので正直金額に見合う価値があるのか不安にも思ったのですが、身体の見方や先生のマッサージに対する姿勢に触れられて、今は行けてよかったと思っています(^^)

ワットポーとはまた違う良さのあるスクールです!

▶︎ 2018年3月に再び施術を受けにいきました。
【再訪「Hermit Herb ハーミットハーブ」@オンヌット/スクンビットsoi48/3】

スクール情報

店名:Hermit Herb Massage School (ハーミットハーブマッサージスクール)
場所:BTSオンヌット駅から徒歩8分
   スクンビットsoi48/3
料金:ハーバルボールマッサージ 12,000バーツ
時間:予約時に相談(全15時間)



スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :